2017年8月15日

マットレスについて

マットレスとは・・・?

一般的にベッドフレームは木材や金属などの硬い素材で作られているため、眠りやすい状況を創り出すためのクッション体が必要になってきます。そうしたクッション体としてベッドの上に敷く寝具をここでは「マットレス」と呼びます。

マットレスの一番の特徴は「座位」でも使われることです。(TVを見るなど、就寝時以外に腰掛けて使用される方も多いのではないでしょうか)
そのため、マットレスは座っての使用も想定して作られています。

上り下りがしやすく、腰かけて使用する際にも使いやすいようにするため、ベッド本体+マットレスの高さは一般的に40p強となるよう設定されています。マットレスも8p〜25p程度の厚みのものが多く、ご使用のベッドフレームに合わせて選ぶ必要があります。
また、これにより就寝時の体の高さが「ハウスダストゾーン」と呼ばれる層(床面から30p程の埃が舞いやすい空間)よりも高い位置になるため、直接床面に敷く布団と比べると清浄な環境の中で眠ることができ、喘息などのアレルギー体質の方にとっても良いとされています。

さらに、床や畳に直接敷いて使用する『ふとん』と違い、外側の剛性を高めていることも他の寝具にはない特徴です。 こうすることで、就寝時に転がり落ちてしまったり、座った状態での使用の際に滑り落ちてしまうことを防ぐができます。

マットレス、ふとんのメリット・デメリットは?

日本人の人口に占めるマットレス(ベッド)の使用割合は年々増加していると言われています。
寝具の使用スタイルについては様々なアンケートが実施されており、ふとん、マットレスの使用割合にはばらつきはあるものの、おおむね半々というところになりそうです。ここではマットレス・ふとんそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

良い睡眠のため マットレスに必要な4つの要素とは?

「吸放湿性」

湿気を素早く吸収・放出する機能を「吸放湿性」といいます。
人は睡眠中に発汗作用によって体温をコントロールし、深い眠りと浅い眠りをコントロールしているため、放っておくと寝床内の湿度は高くなってしまいがちです。
寝床内の湿度が高くなりすぎてしまうと当然むれを感じることで眠りが浅くなってしまうことが考えられます。
吸湿・放湿性に優れた素材を使用することはムレ感を予防するだけでなく眠りの質を改善する大きな要素であるといえます。

「寝姿勢の維持」

人間の背骨は直立時には緩やかなS字カーブ(生理的湾曲)を描いており、睡眠時にも緩やかなS字カーブを維持することが最も体に負担のかからない姿勢であると言われています。人間の体は直立時には重力に対して垂直ですが、睡眠時には上記のように各部位によって重さの比率が変わってくるため、そのままでは臀部が不適切に沈み込み、体に負担をかけることになってしまいます。体の部位に応じた適切な「支持性」を持たせるために、素材の選定や加工による形状を工夫することが大切です。