寝具の重要性

みなさん、睡眠に関するどんな悩みがありますか?

「睡眠に関する悩み」 アンケート シンカシング調べ
「2016年12月」(12/12〜12/25)実施、
男女計1179人が回答(複数選択可)

シンカシングのアンケートで1179人から睡眠に関する悩みをお聞きしました。

睡眠に関する悩みが特にないという人はわずか9人。

悩みがある人は一人当たり5.5件の悩みが当てはまると回答されています。どれもつらいものばかりです。

多くの人が多くの睡眠に関する悩みを抱えたままで日常生活を送っているのです。

睡眠の質の低下による影響は多大!

これほどまでに睡眠に関する悩みが多い事は各所で問題となって現れてきています。
もはや一種の社会問題ともいえるのではないでしょうか?

睡眠の質の低下にはこんな影響が!

  • 睡眠が及ぼす経済損失額は3.5兆円にものぼる!
  • 「寝つきが悪い」「深夜や早朝に目が覚めてしまう」人は、
    男女とも月平均2〜3回勤務中に眠気に襲われることがわかった。
  • 眠気のある時には、眠気のないときに比べ、作業効率が
    男性で40.1%、女性で37.0%の低下をまねくことも判明。
  • 学力低下の根本原因は、早寝早起きなどきちんとした
    生活習慣が身についていないことであるといわれている。

睡眠の質は3つの要素で決まる!

睡眠の質は「寝室環境」「生活習慣」そして「寝具」の3つで決まります。
「寝室環境」とは部屋の温度・湿度・明るさ・音・におい等で人の五感に影響を与えるものです。
「生活習慣」とはお仕事・食事・運動・学習・対人関係・入浴など覚醒時に受ける外的影響を言います。
そして「寝具」は睡眠時に身体をあずけるものとして最も直接的に睡眠に影響を与えるものと言えます。

睡眠の質を上げる寝具とは

では睡眠の質に影響を及ぼす寝具の性能とはどんなものでしょうか?
シンカシングでは長年の経験から多くの要素が睡眠の質に影響していることが分かっています。
その中でも特に大切な性能が3つあります。
「体圧分散」「寝姿勢の維持」「寝返りのしやすさ」です。

体圧分散

体圧分散とは寝具と身体の接触面において圧力が集中する箇所を少なくすることを言います。圧力が集中するとその部分の血流が阻害されたり筋肉が緊張することによる痛みが出やすくなりますので体圧分散は上質な睡眠の為の大切な性能です。
ただ、体圧分散だけを考えると単純に接触面積を拡げる、すなわち寝具を柔らかくすればいいのですが、身体をバランスよく支え適切な寝姿勢を維持したり、寝返りのしやすさを犠牲にしないことが重要です。

寝姿勢の維持

寝るときは重さの異なる身体部位を横にしますので背骨をはじめとした身体の各所に立っている時とは違う角度の重力が掛かります。その事により不自然な姿勢になり無理な力が掛かった部分に痛みを発生させてしまいます。寝姿勢の維持とは無理な力が掛からない状態での寝姿勢を維持する性能を言います。その為には体重や体の凹凸に対して適切にたわむ寝具の設計が必要になります。

寝返りのしやすさ

寝返りは睡眠中の動きとして非常に重要です。何時間も同じ姿勢で寝ると身体に痛みなどの弊害が出てしまいます。その為、通常は20回程度の寝返りをうつと言われています。また、寝返りは寝床内の空気を循環させムレ感を低減させる効果もあります。ところが寝返りをうつ時に余分な力が必要だと脳が覚醒してしまい睡眠の質が低下してしまいます。スムーズに寝返り出来る性能が寝具に求められるのです。

それら3つの性能をつかさどる要素が「硬さ」です。シンカシングでは硬さを最重要視して寝具設計を行っています。ここでいう「硬さ」とは寝具を一定量たわませるのに必要な力を言います。

その他にも睡眠の質に影響する性能として快適な寝床内環境を整える
「通気性」「保温性」「吸放湿性」などがあります。

シンカシングでは睡眠の質を高める寝具を取り揃えています! 商品ラインナップはこちら