体重が軽い・重い

上質な睡眠には自分に合った寝具の硬さが不可欠!
自分に合った硬さを見つける、シンカシング独自の方法をご紹介します。

上質な睡眠に必要な3つの要素

上質な睡眠に必要な敷寝具の要素は3つ。

  • 「体圧が適切に分散させていること」
  • 「無理のない寝姿勢がとれること」
  • 「寝返りがうちやすいこと」

ところがこの3つの要素を全て満たす敷寝具はなかなか見つかりません。
実はこの3つの要素を満たすためには敷寝具の「硬さ」が使用者の体重や体型に合っていることが必要なのです。
硬さが合うということは体重に合わせて寝具が適切にたわむということです。
具体的には「体重の重い人」が「やわらかすぎる」マットレスで寝ると、重い腰部が沈み込んでしまい寝姿勢が悪くなり、ひどい場合は腰が床についてしまういわゆる「底つき」状態になって圧力が掛かり、寝返りもうちにくくなります。逆に「体重の軽い人」が「硬すぎる」マットレスで寝ると、身体が沈まず出っ張っている腰や肩甲骨の部分に圧力が集中し筋肉を圧迫したり血流を阻害します。寝姿勢も腰が押し上げられた形になり、寝返りもマットレスがたわんだ状態から戻る時の反発を使うことが出来ません。
このように基本的には体重が重い方には硬めの寝具、体重の軽い方にはやわらかめの寝具が向いていると言えます。
ただし、身体の部位による凹凸が大きい方はやわらかめがいいですし、主な寝姿勢が横向きの方もやわらかめがいいなど個人差がかなりあり、自分に合った硬さを選ぶには実際に使ってみる必要があると言えるでしょう。
ところが販売されている敷寝具のほとんどは硬さのバリエーションが少なく、自宅で試すことができないのが現状です。店舗においてあるマットレスで寝てみて「これだ!」と思って購入し、自宅で使ってみると「何か違う?」という声をよく聞きます。

シンカシングの硬さをフィッティングする敷きふとん

そんな悩みにお応えするのが「硬さをフィッティングする敷ふとん」です。
「硬さをフィッティングする敷ふとん」は、ほとんどの体型・体重をカバーできる硬さの範囲を設定し、6段階の硬さに分類。やわらかいものから硬いものまで6種類の硬さをご用意しました。*1
ご利用方法としては、商品購入前に素材を詰めたサンプルボックス「フィッティングキット」のご利用をお勧めします。「フィッティングキット」に同封のマニュアルに自分に合った硬さの選び方が詳しく書いてあります。そして選んだ硬さの「硬さをフィッティングする敷ふとん」を購入していただき、ご自宅で実際に寝ていただきます。
もし、違和感が有ったとしてもしばらく使ってみてください。今までお使いの寝具への慣れから解放されるのに最低1週間はかかりますので。しばらく使ってみた結果、やわらかすぎたり硬すぎた場合は、購入後2か月以内であれば硬さの違う中材を無料でお届けします。さらに、それでも合わない場合はもう一度硬さの違う中材を無料でお届けします。万が一それでも合わない場合は規定に従いご返品いただくと購入代金を返金いたします。(詳細はこちら)

これが、シンカシングのフィッティングサービスです。
2回の無料フィッティングが無いタイプ「硬さを選ぶ敷ふとん」もございます。
自分にぴったりの寝具で上質な睡眠を手に入れましょう!


*1ー利用者様の意見を反映して硬さの範囲を見直していますので旧製品「シンカフトン セレクト」とは硬さが違います。

オススメの商品はこちら※ オススメの商品は会員限定商品のため、会員様のみに表示されます