いびき

一緒に寝ているパートナーと本人、いびきによる悪影響は深刻です。 「思わず横向き寝になってしまう」こだわりの抱き枕で気道確保し対策を!

いびきは睡眠時における大きな問題

いびきは睡眠時における大きな問題のひとつです。
本人の睡眠の質が低下するのみならず、一緒に寝ているパートナーがいる場合はいびきによってその方の睡眠を妨げ、日中のパフォーマンスに少なからず影響を与えているのです。
いびきがひどくなると睡眠時無呼吸症候群など大きな健康被害を及ぼし、昨今増加している眠気による事故など社会生活におけるリスクも高まります。

いびきの原因を知る

いびきは睡眠時の呼吸において気道が確保されず、閉塞した気道を空気が通ることにより粘膜が振動して発生します。 そして気道が確保されない原因としては次のようなことが考えられます。

  • 肥満
  • 扁桃腺肥大
  • 鼻づまりによる口呼吸
  • 飲酒や疲労による筋肉の弛緩

また、睡眠時の姿勢によっては舌が重力によってのどの奥に落ち込み気道をふさぐことも原因のひとつです。 その姿勢は「仰向け」の姿勢です。さらに枕が高すぎるとのどを圧迫するのでより気道がふさがります。
ところが横向きの寝姿勢だと舌がのどの奥に落ち込まないので、気道が確保されやすくなります。 そう、いびきには横向きの寝姿勢が有効なのです!

「横向き寝用抱き枕」で自然と横向きに

ここでご紹介する「横向き寝用抱き枕」は思わず抱きしめたくなり自然と横向きの寝姿勢になるようにこだわって作り込みました。 人が横向きに寝た時の必要な長さの確保、抱き込んだ時のフィット性、腕など露出している肌が触れた時の肌触りの良さ、それらを重視して設計されています。
もちろん、横向きの寝姿勢での頭を適切な位置にキープする「まくら」を使用することも重要です。高さ調整が出来、寝返りに十分な幅を持った 「睡眠のための機能満載まくら」との併用をお勧めします。
いびきは寝具だけで改善するものではありませんが、ご自分の為、パートナーの為に少しでも改善し、より良い睡眠と健康な日常生活にお役立ていただければ幸いです!

オススメの商品はこちら
12,800 円 (税込・送料込)